入居後に注意したいことって?

もし部屋を傷つけたら

生活をしていてハプニングなんてものはいつ起きるのか全く分かりません。
特にお子様がいる家庭は毎日びっくりの連続だと思います。

そんな時、部屋を傷つけてしまったらどうしましょう。
あまりにも大きな傷なら引越しの際に必ず言いましょう。
生活のに不便が出る場合は大家さんか契約会社に連絡するのが大切です。

また、少しの傷ならボンドなどで直してしまうのもOK!
それくらいならと見逃してくれることもあります。

ただ、直す場合は無理をして直さないこと。
状況を悪化させてしまうことが一番大変です。

できるだけ傷つけないように前もって予防しておくこともいいと思います。

最近ではホームセンターで壁紙の上から張ることのできる壁紙など部屋を簡単にDIYできる商品も豊富!
ドアや手すりにつけるカバー、机や椅子の足にもカバーを付けたりしてできるだけ傷つけないようにしていきたいですね。

世代別でのご近所トラベル

では最後にご近所トラブルについてまとめていきましょう。

まずは一人暮らし方
一人暮らし向けマンションで多いのは夜間の騒音問題です。
夜中に洗濯機を回したり、掃除機を使ったり、大音量で音楽をかけたり。
また、女性の方は引越しの引越しの挨拶はしないほうが吉です。
「この部屋には女性一人で住んでます」と宣言しているのと同じです。

次に家族で賃貸マンションを使う方
一番多いのは子供の声です。
残念なことにお子様が元気でいることを快く思わない方がいるのが事実です。
また、そのように思っている方の考えを変えることは難しいです。
早めに引越してもっと理解あるところに住んだほうがお子様もご自身にもストレスが少ないと思います。

最後にご高齢の方。
朝早めの行動で言われてしまうことも。
朝の6~7時くらいから大きい音が鳴る行為はしましょう。


TOP