賃貸の良し悪しって?

就職や入学、新しい家族が増える、転勤…。
人生において住んでいる場所、家が変わるタイミングは意外なことに多いのです。
人生で一回も引越しを経験したことない方はあまりいないと思います。

そんな時は賃貸マンションという選択肢はいかがでしょうか。

都会でもベッドタウンや地方でも、前に比べて一軒家よりマンションやアパートなどの集合住宅の建設が増えています。
土地を有効活用るためには集合住宅のほうがよさそうですね。

また最近では、もともとある家を手離しマンションへ移る高齢者もいるとか。
確かに一軒家と比べセキュリティ対策や部屋の管理の手間が違いますから、そう考え行動する方がいるのにも納得です。

では、実際に選ぶときはどのようにしたらよいのでしょうか。

例えば不動産。
大手チェーンさんからの情報を鵜吞みにしてしまってよいのでしょうか?
家を内見して決めるまでの期間はどのくらいが妥当でしょうか?
地方でやっている不動産はどのくらいの情報を持っているのでしょうか?

衣食住の一つ。
「失敗」なんて言うのは嫌ですよね。

家を決めてからもまだ考えておくことがあります。
住み始めて壁紙やドアなどを壊してしまった場合。
お隣さんとのトラブル、賃貸マンションの近所に住んでいる方との問題…。
こういった時の対処法も必要です。

このサイトでは賃貸マンションのメリット・デメリット、マンション選びのポイント、入居後の注意点など賃貸マンション全体の情報をまとめてあります。

また、ご近所トラブルの対処法も少し載せてありますので、「一軒家を…」と考えている方も必見です。

賃貸マンション、見るべきところは?

ここ数年では、一軒家より賃貸住宅のほうが多く建設されています。 神尊マンションや一人暮らし用のアパートの建設は至るところで行っています。 とはいえ、賃貸って前使っていた人のことやお隣さん問題なんていう精神的な不安があるのも事実だと思います。 そんな不安を減らすため、賃貸のメリットデメリットをお教えします!

選ぶ時、絶対に見ておくところは?

賃貸を選ぶ時、どんなことを重点に置きますか? 駅や会社までの距離、日当たりのよさ、周りにあるスーパーやコンビニなどの施設数…。 結構あると思いますし、重点に置くところは人それぞれです。 ここでは基本的なポイントとマイナーかもしれないポイントをお教えします。

入居後に注意したいことって?

いざ住む住むところが決まってもまだまだ注意しなきゃいけないことがあります。 部屋の部品を壊してしまった時、お隣さんの騒音に悩んだ時、ごみ捨てのことで近所の方に言われてしまった時…。 もしそんなことが起きた場合、どうしますか? 簡単ではありますが、まとめてみました。

TOP